株式会社テクニカルエージェントが運営する東海(愛知・岐阜・三重・静岡)を中心とした技術者転職求人サイトテクジョブサーチ

テクジョブサーチ

受付時間 9:00〜18:00(土日祝日除く) 0120-776-779 24時間受付中 メールフォーム

COLUMN転職お役立ちコラム

なぜ、CADのモデリング業務は人気?

2016.11.17

CADの業務は多岐に渡ります。
まず大きく分類すると
①二次元図面作成
②三次元図面作成
この2つに分けることができます。

 

①の二次元図面(2D図面ともいいます。)は、
平面図、正面図、側面図の三面図が基本となります。

その三面図で物を表しますので、
三面図が読み取れないと物がわからなくなります。
形が複雑になればなるほど読み取るのは難しくなります。

 

それに比べ②の三次元図面(3D図面ともいいます。)は、
物自体を画面に表しますので、物がストレートにわかります。

3Dモデリングを経験したことがあるほとんどの人は
「面白い!」と口を揃えて言います。

それは、製品になる物が目に見えてわかるからです。
だから3Dモデリングの業務は人気なんですね!

 

3D図面を書くCADのソフトも多くの種類があります。
CADのソフトによって操作の複雑さは変わります。
高度なCADになればなるほど操作は複雑になります。

高度なCADを操作ができるようになると、
仕事を選ぶことができるようにもなります。

 

なので、収入アップすることも可能です。

 

業務としてやりがいを得ることができて、
収入をアップすることもできればうれしいですよね。

 

ただ注意していただきたいことがあります。
3Dモデリングができても、2D図面が基本になっていることを
忘れてはいけません。

 

物を製作するためには、まだまだ2D図面が必要です。
なので、3Dモデリングだけをする業務もあるかもしれませんが、
多くの場合は2D図面作成する必要があります。

 

でも、将来的には3Dだけになる時代が来るかもしれません。

エントリーはこちら